肥満によるリスク軽減

3ヶ月で5パーセントの体重を減らすことを目標に

重度の肥満の人の場合、数kg体重を落としただけでは意味がないと言う人がいます。10kg以上は体重を減らさないといけないと言いますが、必ずしもそうとは言えません。確かに、重度の肥満ならできる限り体重は減らした方がいいです。しかし、最初から数十kg以上体重を減らそうと考えると、無理なダイエットをしてしまう可能性が高くなります。無理なダイエットは、体調を崩してしまうことがあるので注意しましょう。 ですから、最初は3ヶ月で5パーセントの体重を減らすように考えることです。 5パーセントと言うと、80kgの人なら4kgです。大したことないと思うかもしれませんが、これだけでも肥満によるリスクを大幅に下げることができます。

キャベツダイエットとは

キャベツダイエットの人気が高まっています。このキャベツダイエットは、毎食キャベツを食べるわけではありません。夕食前に食べればいいだけです。朝や昼は、普通にご飯を食べても構いません。もちろん、ラーメンや肉ばかり食べていいと言うわけではありませんが、毎食主食を抜くと言うわけではないのです。毎食主食を抜くとなると、挫折する可能性が高くなりますが、夕食だけなら辛さを感じないでしょう。 キャベツは意外に満腹感を得られます。ただ、千切りではなくざく切りにすることです。その方が歯ごたえがあって、すぐに満腹になります。 このダイエット法は、肥満の人でも続けやすいと言われています。極端な食事制限をしないからでしょう。